〒206-0033 東京都多摩市落合1-6-2 サンライズ増田ビル3B

受付時間
10:00~18:00
※土曜・日曜・祝日を除く
アクセス
多摩センター駅徒歩3分
駐車場:近くに有料駐車場あり

お気軽にお問合せ・ご相談ください

042-311-2110

婚姻費用や養育費で、収入の資料がないと、相手が言う通りの収入を元に決めなくてはならないのですか?

婚姻費用調停で婚姻費用の協議をしていますが、相手が収入の資料を出してきません。このまま相手が言う通りの収入を元に決めなくてはならないのですか?
また、このまま離婚になった場合の養育費も同様になってしまうのでしょうか?

相手の言いなりの収入を元にしなければならない訳ではありません

婚姻費用・養育費は双方の収入を元に算定する

姻費用・養育費は、双方の収入を元に算定します。そのため、双方の収入を正確に把握することが重要になってきます。なお、基本的に婚姻費用と養育費は同様に話になりますので、特段区別せず回答いたします。

婚姻費用・養育費を決めるときは、一般的には双方が収入の資料(給与所得者であれば源泉徴収票、自営業であれば確定申告書を用いることが多いです)を提出し、それを元に話し合いをすることになります。

 

相手が収入の資料を提出しない場合

調査嘱託を申し立てる

ところが、相手が収入の資料を提出しないことがあります。このような場合は、まずは調停では相手に対して資料を提出するように働きかけ、説得が行われることになります。

それでも提出されない場合には、相手からの提出は諦めざるを得ません。

そのような場合、調査嘱託といって、裁判所から会社や役所に提出するように依頼するという手続きがとられることがあります。ただし、これは裁判所の判断になりますので、必ず行われるということではありません。

 
生活実態や賃金センサスから算定する

また、どうしても資料が入手できない場合には、従前の収入の資料や生活実態から推定して収入を認定することがあります。更に、そのようなことも難しい場合には、賃金センサスを用いて算定することになります。

収入の資料がなくても諦めない

収入の資料がない場合、相手の言いなりになる必要はありません。もしかしたら収入を誤魔化しているかもしれません。

そのため、ここでご説明したように、様々な方法で実際の収入を認定していくように求めていくことが大切です。

収入を明らかにしない場合には、調停での成立が難しくなり審判や訴訟に移行する可能性も高くなりますが、相手の言いなりでそのまま決まる訳ではありませんし、収入の資料がないから婚姻費用や養育費が認められないということはありません。

 

 

婚姻費用・養育費をはじめ離婚・男女問題は古林法律事務所にご相談下さい

婚姻費用・養育費をはじめ離婚・男女問題のご相談・ご依頼は、多摩市・多摩センター駅の弁護士、古林法律事務所にお任せ下さい。
多摩地域(多摩市・日野市・八王子市・稲城市・府中市・調布市・町田市・川崎市など)を中心に全国からのご相談・ご依頼をお請けしております。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お電話でのお問合せ・ご相談予約はこちら

受付時間:平日10:00~18:00まで
042-311-2110
法律相談室(Q&A)に戻る

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
042-311-2110
受付時間
10:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

042-311-2110

<受付時間>
10:00~18:00
※土曜・日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2024/1/4

年末年始休業変更のお知らせ(1月4日→5日)

古林法律事務所

住所

〒206-0033
東京都多摩市落合1-6-2
サンライズ増田ビル3B

アクセス

多摩センター駅徒歩3分
駐車場:近くに有料駐車場あり

受付時間

10:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日