〒206-0033 東京都多摩市落合1-6-2 サンライズ増田ビル3B

受付時間
10:00~18:00
※土曜・日曜・祝日を除く
アクセス
多摩センター駅徒歩3分
駐車場:近くに有料駐車場あり

お気軽にお問合せ・ご相談ください

042-311-2110

専業主婦で離婚後の収入が見込めませんが、親権は諦めるしかないのですか?

私は現在専業主婦で収入がありません。離婚したいと思っていますが、収入がないと親権は相手に取られてしますのですか?

収入を理由に親権を諦める必要はありません。

どちらの親に親権を認めるかは、子の利益、子の福祉の観点から総合的に判断されます。その際に、収入は考慮要素にはなりますが、大きな影響を与えることはありません。それよりは、これまでの子どもの監護状況とこれからの監護環境が重視されると言えます。

離婚後は親権者には養育費だけではなく、公的支援(児童手当、児童扶養手当)があります。また、就職活動がうまくいかず、直ぐには働けない、十分な収入が得られないという場合にも、生活保護があります。したがって、これらを総合して必要な生活を維持することは可能です。さらに、相手のほうが収入が高いという収入差は養育費によって解決されています。そのため、経済的破綻をしているような場合でなければ、親権者の収入はそこまで重視されません。

ですから、専業主婦の方で離婚に際して親権を取得したいとお考えの方は、就職活動をして収入を得る方法を探すこと、養育費を適正に算定すること、公的支援も活用することで経済的に(もしかしたら裕福とまでは言えないかもしれないけれど)安定した状況を整えること、これまでの監護の実績をアピールすることこれからの監護環境の整備(働きに出て子どもを世話を見れなくなる部分を親族にサポートしてもらう等)を心がけてください。そうすれば、親権を取得する可能性は十分にありますから、最初から親権を諦める必要はありません。

親権について詳しくお知りになりたい方はこちらへ

法律相談やご依頼をお考えの方は、多摩市・多摩センターの弁護士、古林法律事務所までお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
042-311-2110
受付時間
10:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

042-311-2110

<受付時間>
10:00~18:00
※土曜・日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/12/27
年末年始休業のお知らせ

古林法律事務所

住所

〒206-0033
東京都多摩市落合1-6-2
サンライズ増田ビル3B

アクセス

多摩センター駅徒歩3分
駐車場:近くに有料駐車場あり

受付時間

10:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日