〒206-0033 東京都多摩市落合1-6-2 サンライズ増田ビル3B

受付時間
10:00~18:00
※土曜・日曜・祝日を除く
アクセス
多摩センター駅徒歩3分
駐車場:近くに有料駐車場あり

お気軽にお問合せ・ご相談ください

042-311-2110

不倫をして家を出て行き別居中の妻に対して、婚姻費用を負担しなければいけませんか?

不倫が発覚した妻が、子どもを連れて家を出ていき別居中です。妻からは婚姻費用を払うように要求されています。このような場合でも婚姻費用を払わなければいけないのでしょうか?

妻の分の婚姻費用は免除・減額される可能性があります。

婚姻関係の破綻や別居に主として責任がある配偶者から自らの婚姻費用の負担を求めることは信義則違反であり、配偶者自身の生活費相当分については減額又は免除されるが、子どもの監護費用相当分については支払わなければならないというのが、審判などでの実務の傾向です。

もっとも、子どもの監護費用相当分はどの程度なのか、有責性の程度や双方に責任がある場合などはどの程度の減額が相当なのか等、ケースごとに判断が必要になります。

なお、婚姻費用とは異なり、養育費に関しては、原則として減額又は免除を認められず、権利の濫用となるような例外的な場合に限られます。

婚姻費用について詳しくお知りになりたい方はこちらも参照ください。

法律相談やご依頼をお考えの方は、多摩市・多摩センターの弁護士、古林法律事務所までお気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
042-311-2110
受付時間
10:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

042-311-2110

<受付時間>
10:00~18:00
※土曜・日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/12/27
年末年始休業のお知らせ

古林法律事務所

住所

〒206-0033
東京都多摩市落合1-6-2
サンライズ増田ビル3B

アクセス

多摩センター駅徒歩3分
駐車場:近くに有料駐車場あり

受付時間

10:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日