〒206-0033 東京都多摩市落合1-6-2 サンライズ増田ビル3B

受付時間
10:00~18:00
※土曜・日曜・祝日を除く
アクセス
多摩センター駅徒歩3分
駐車場:近くに有料駐車場あり

お気軽にお問合せ・ご相談ください

042-311-2110

相続で多額の不明金が生じていた案件

相談前

20年以上前の相続で、依頼者は既に解決していたと思っていたが、他の相続人から遺産分割を求められた。しかしながら、多額の使途不明金が発生しており協議が難航していた。

相談後

いわゆる不明金については詳細が不明であるとともに既に消滅時効が完成していた。そのため、時効援用をするとともに、残った財産について可能な限り調査をして財産目録を作成することで、他の相続人には納得して貰い、使途不明金については不問として、残った財産のみで遺産分割調停が成立した。

解説

相続の前後で使途不明金が発生するケースがあります。使途不明金は本来的には相続財産ではなくなっているため、不法行為ないし不当利得として遺産分割手続きとは別に解決することになります。もっとも、争いとしては一つの相続から生じているものですから、一回的に解決することが好ましく、実際にもそのように進めていくことが多いです。

使途不明金においては、誰がどのようにどの財産を使ったかを明らかにする必要があります。しかしながら、本件では既に相当期間が経過しており、ほとんどが不明な状態にありました。また、不法行為ないし不当利得の時効期間も経過していました。そのため、時効援用をすることで解決しました。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
042-311-2110
受付時間
10:00~18:00
定休日
土曜・日曜・祝日

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

042-311-2110

<受付時間>
10:00~18:00
※土曜・日曜・祝日は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2022/6/21
不倫・浮気の慰謝料請求の各ページを公開しました。

古林法律事務所

住所

〒206-0033
東京都多摩市落合1-6-2
サンライズ増田ビル3B

アクセス

多摩センター駅徒歩3分
駐車場:近くに有料駐車場あり

受付時間

10:00~18:00

定休日

土曜・日曜・祝日